HOME  >  製品紹介 >  金属プレス・オリジナル製品

製品紹介

金属プレス加工

金属プレス加工とは…

■塑性加工
金属に大きな力を加えると変形する、その性質すなわち塑性変形を利用したものを塑性加工と呼び、プレス機械を用いて素材を加工する事をプレス加工という。

【塑性加工】
  • 鍛造加工
  • プレス加工
  • 転造加工
  • 押し出し加工
  • 圧延・引き抜き加工
  • 管の製作
  • 特殊成型法
■プレス加工における利点
  • 切削加工に比べ、切粉を出さないので材料の無駄がない。
  • 加工に要する時間も短く経済的である。
  • 鋳造品に比べて機械的性質が良く、丈夫で軽い製品を作る事ができる。
■難点
  • 金型を要するため少ロットではコストが割高になる。

カジタニ金属のプレス加工品一例

高品質・短納期への対応は不可欠である現状の中、当社では多ロットとなる順送後の仕上げ加工、小ロットで工程数が多くなる複合曲げ品や絞りモノ等への対応に備え、社内外の協力なネットワーク体制でもって生産・管理体制に力を入れております。

材質/BSR・t=0.3
工程/順送(抜き曲げ)、単発曲げ加工
後加工/洗浄・スポット溶接
用途/パソコン回路部品
材質/SECC・t=1
工程/単発3工程
後加工/洗浄
用途/プリンター部品

材質/BSP-H・t=0.2
工程/単発3工程
後加工/洗浄
用途/プリンター端子・対策部品某OA機器メーカーの端末部品、海外にて本体組み立て生産していたが不具合発生、約10日間の納期で金型製作、製品40000ケを納品。



材質/BSP-H・t=0.3
工程/単発7工程
後加工/洗浄
用途/プリンター端子
2~3年前に海外移転したものである、当時公差基準±1/100をキープしながら日産2000ケ生産、金型の枠当り等に工夫を施した。
材質/BSP-H・t=0.3
工程/単発3工程
後加工/タップ加工・洗浄
用途/プリンター端子
材質/SECC・t=1.2
工程/単発4工程
後加工/ 洗浄
用途/プリンターユニット部品
材質/A1050P・t=0.5
工程/単発.絞り8工程
後加工/アルマイト処理
用途/炊飯器コンデンサ
材質/SUS304-t=1
工程/単発.1工程
後加工/バレル研磨
用途/ガス管フランジ
材質/SECC-t=0.8
工程/単発.5工程
後加工/電着塗装
用途/TVリモコン蓋

 

その他オリジナル製品

フック金具『おてかけ』

おてかけ

「おてかけ」は、ワンちゃんのリード掛け専用のフック金具です。
使用方法は、ペットを繋いだ状態で、コの字に折れ曲がっている部分にリードをかける。ただそれだけ!
ペットの引張強さを想定し、耐強度を測定しました。
その結果、体重40~60キロ程度の大型犬が引っ張ってもびくともしません。
(ただし、助走なしの場合に限る)

 

耐強度試験について

カジタニ金属の製品をご利用頂く皆様に「安心」と「安全」をお届けする為に、ステンレスハンガー、鍵用鋼製フック(大・小)、鍵用ステンレス製フック、鍵用金メッキフックに関しまして強度試験を行いました。
ご使用頂く際のご参考にして頂ければ幸いです。

強度試験検査結果

■ステンレスハンガー 【フック金具『おてかけ』】 破断荷重  240N(240kgf)
強度試験検査結果強度試験検査結果強度試験検査結果

◎フック金具「おてかけ」

当商品の使用目的は主として、ペット(犬)等のリード(引き綱)掛け

としております。 リードにペットを繋いだ状態でコノ字に折れ曲がっている部分にリードをかける、その時のペットの引っ張り強さを想定し耐強度を測りました。

数値240キロで変形の測定結果から推測しますと、体重40~60キロ程度の大型犬が引っ張って(助走なしの状態)もびくともしないといえます。

■打掛

打掛本体可動部と取り付け側ブラケットのカシマリ具合について強度数値を出しています。
当商品は生産時のカシメ具合を強度100キロで設定し加工しています。(大々・大・中・・小は50キロ)しかし商品サイズ(大々・大・中・小)の板厚、リベットによって強度数値は異なります。 この試験結果による数値は生産基準数値です。

■鍵用鋼製フック 【塗締付打掛(大)】 破断荷重  1050N(105kgf)

強度試験検査結果強度試験検査結果強度試験検査結果

 

■鍵用ステンレスフック 【ステンレス打掛100ミリ】  破断荷重  5500N(550kgf)

強度試験検査結果強度試験検査結果強度試験検査結果

 

■鍵用鋼製フック 【塗締付打掛(中)】 破断荷重  1375N(137.5kgf)

強度試験検査結果強度試験検査結果強度試験検査結果

 

■鍵用金メッキフック 【締付打掛(小)】 (塗装処理前) 破断荷重  475N(47.5kgf)

強度試験検査結果強度試験検査結果強度試験検査結果

*使用の一例

犬小屋の扉の簡易掛け鍵としてサイズ小のものが使用されていた。

・・・しかしその小屋で飼われていたのは体重50キロ弱の大型犬であった。その大型犬の体当たりにより掛け金はカシメ部から破壊され外れてしまった。
この場合、数値からサイズ中以上のものを使用するのが好ましい。 
ステンレス打掛では破壊数値550キロ。
取り付け場所、条件を考慮し各サイズをお求め下さい。またカシメ強度を強めていくのは可能です。ご相談ください。